真夏には常に渋谷で出会いがあった


石の花とその岩は透明で、苔は透明です
(加藤千代子)
山に行くと、空気が澄んでいるように感じます。老人はそれを浅間と呼んだ。石花が咲く山で岩や苔がきれいな俳句。爽やかです。

画像はスイスの高山のバラです。 (アルペンローズは季節の言葉ではないため、これは季節の言葉のない季節のフレーズです)
朝食用のパンバターの溶ける香りと夜明けの朝空の色は、高山のバラの花の香りと色と組み合わされます。

「石花」は、日本語またはアジア風です。

「はにかみ」

白と白の花

自我の花(自我の花)
真夏のシーズン渋谷で出会い
幼年期の言語、ヤムの花、自我

山野に自生する落葉樹。周り5月から6月にかけて、枝の終わりに白い鐘のような5つの花弁の花が咲きます。まるで地面に散らばっているかのように美しく見えます。

人を見ることで咲く犬と花渋谷で出会い
(高島茂)
騒音の少ない田舎
(岡田文乃)渋谷で出会い
花の水は常に揺れています

 

渋谷出会い
(中村明子)
自我の花はすべて揺れて静か
(中村美代子)
森の出口の明るさ渋谷で出会い
(原iso城)
花の自我は延々と落ちる
(清崎敏郎)

白い、白いこぼれた表情と小さな白い花の叫び声。
姫岩ミラー渋谷で出会い

通風岩ミラー

岩神(岩神/いはがみ)夏の終わりの季節
亜高山および高山植物として全国に分布しています。
葉が輝いて鏡のように見えるので、名前が付けられました。主に岩の上で成長しますが、湿地でも見られます。
約10cmの花茎の先端に淡い赤い花が集まるように咲きます。
花言葉は「忠実」です

落石の周りの岩の鏡渋谷で出会い
(水子明子)

コメント